読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える時間

ニュース、本、ゲームについて気になる事をひたすらに調べるブログ

残業上限100時間規制が始まったら、最大どれくらい残業出来るのか調べた

皆さん、今日も残業してますか?

僕は一回過労で倒れて入院してから、残業時間は少なくなりました。

 

そんな僕が今注目しているのはこちら

 

時間外労働1か月上限 100時間未満で決着へ | NHKニュース

 

やっぱり長時間労働は良くない。

んでもってこのニュースのタイトルだと

最大100時間近く働けてヤバイって思っちゃうから

この規制が始まったら、最大何時間合法的に残業出来るのか調べてみました。

※長時間労働 ダメ 絶対

 

 

 

現時点での残業時間の規制について

 

 

そもそも今、この瞬間にもバリバリ残業している人も多々居ると思うけど

この時間に上限ってあるのかよって話

 

ざっくりいうと

1日8時間、1週40時間が労働基準法で定められた「法定労働時間」

これを超えて仕事をさせるのは違法

 

とはいいつつも、やっぱ残業ってのは必要な時もあるよね

 

って事で

 

会社の代表と労働者側の代表が書面により残業を行う旨の協定(36協定)を結んで

労基へ36協定の届け出を行う事で、36協定に定めた残業時間を上限として

残業が合法化されることになると。

 

f:id:fyp123fyp:20170315193433p:plain

 

 

とは言いつつも、36協定にも上限時間ってのはあって、それはこんな感じ

f:id:fyp123fyp:20170315193746p:plain

 

まぁ、俺が過労で倒れた時は、、、、、

 

現時点では特別条項の残業時間は青天井である

 

上限あるやんけ!わざわざ上限儲ける必要ないやん!!!

 

って思ったかもしれないが、現時点では例外もありますと

 

例えば一時的に半端じゃなく忙しかった時は、会社側と労働者の代表側で

話し合って、合意した内容を「特別条項」として36協定に書き加えますと。

そんでもって労基へ届け出ると、

6回を限度として協定で設定した時間数まで残業時間を延長することが可能。

 

現時点では、この特別条項の時間が青天井だから

良くないよねってのが、今回の規制の発端。

 

つまり、あくまで特別条項の青天井を、最大月100時間未満に規制するぜ!って話

 

オラオラ、お前ら100時間近く毎月働けや!なんせ上限がそこまでだからなぁ!

ひゃっはー!

 

っていう奇声規制じゃないって事は理解いただけたと思う。

 

残業上限100時間規制の内容まとめ

 

 

そもそもとして、36協定での規制があるんだけど

それでもどうしても足りない時の規制が今回の規制なのだ

 

今の残業規制ってのは、3段階にわかれていて

 

1段階目 36協定無し、残業禁止

2段階目 36協定締結 36協定での残業時間の規制

3段階目 特別条項締結 年6回まで規制を延長して残業可

※延長する時間は法律で規制なし、青天井

 

って感じ

恐らく大体の人は2段階目ではないでしょうか

 

で、これが今後どのように規制されるのかと言うと

 

1段階目 36協定無し、残業禁止

2段階目 36協定締結 36協定での残業時間の規制

3段階目 特別条項締結 規制内容は以下

① 年間720時間まで

② 2ヶ月から6か月の平均80時間

③ 1ヶ月100時間未満

④ 月45時間を超える残業は年6ヶ月まで

 

表にするとこうなる。

 

f:id:fyp123fyp:20170315203244p:plain

 

残業100時間規制後、最大どれくらい残業できるのか

 

 

いや、まぁ年間最大720時間までってのは決まってるんだけど

月ごとにどれくらいなのかなって思って

 

特別条項を締結したとして

 

① 年間720時間

② 2ヶ月から6ヶ月の平均80時間

③ 1ヶ月100時間未満

④ 月45時間を超える残業は年6ヶ月まで

 

この条件だと、1年間の残業計画はこんな感じだぞ!

 

まず、条件②から④を満たす残業計画はこんな感じ

f:id:fyp123fyp:20170315204153p:plain

 

 

緑部分の平均残業時間が6ヶ月で80時間、2ヶ月でも80時間

1ヶ月最大99時間

 

緑部分で6ヶ月使っている為、白部分は全て45時間を超えないように44時間

 

だけど、これだと年間で744時間になってしまい

条件①の年間720時間をオーバーする

って事で24時間削る

 

丁度白部分が6ヶ月なので、そこから毎月4時間ずつ削るとこうなる

 

f:id:fyp123fyp:20170315204447p:plain

 

これが新しい規制後の、年間最大限残業するモデルケースである。

① 年間720時間

② 2ヶ月から6ヶ月の平均80時間

③ 1ヶ月100時間未満

④ 月45時間を超える残業は年6ヶ月まで

 

この規制を全てクリアーしているぞ!

 

しかしながら過労死ラインの80時間を超える月が年3回もあるのが。。。。

 

まあ、だけど今までの規制なしよりかは一歩前進したのでしょうか?

 

ただ、いくら規制が激しくなっても

サービス残業していたら話にならないからなぁ

 

まとめ

 

現状でも36協定で残業時間は規制されている

特別条項を締結した時の、延長時間の規制は無くて青天井だった

その特別条項の規制をした

内容

① 年間720時間

② 2ヶ月から6ヶ月の平均80時間

③ 1ヶ月100時間未満

④ 月45時間を超える残業は年6ヶ月まで

 

この条件を満たす年間残業計画はこんな感じ

f:id:fyp123fyp:20170315204447p:plain

 

これを超えていたらダメだから気を付けよう

 

以下個人的な文句

過労死ラインを超える月が3ヶ月もあるってのはやっぱりなんかなぁ、、、

コレをきっかけに、段階的に規制を強めて欲しいです、ハイ