考える時間

ニュース、本、ゲームについて気になる事をひたすらに調べるブログ

バレンタインデーだし、チョコに合う手頃なウイスキーを15本紹介する。

バレンタインデーにチョコを貰いそうな人も

あげる人も

特に予定が無い人も

 

こんな寒い季節にはチョコレートとウイスキーを合わせてまったり(*´ω`)

してみるのはいかがでしょうか

 

と言うわけで大体5000円くらいまでで買えちゃう

チョコレートに合う美味しいコスパが良いウイスキーを紹介しちゃうぞ

 

 

 

紹介する前に

 

大体こんな感じの人が対象です

 

1 居酒屋でハイボールは飲むけど、バーには行かない

 

2 強い、高いお酒ってイメージがあるからボトルを買って家で飲んだりはしない

 

そんな人に、お手頃でチョコに合うウイスキーを紹介したいんだ!

 

こんな銘柄を選んでます

 

1 有名でAmazonとかで買える(いちいち酒屋に行かなくていい)

 

2 お手頃価格(一番高くても5000円位)で美味しい

 

3 シングルモルト中心(俺が好きだから)

玄人から見たら一言言わせろってラインナップかもしれないけど

 

とりあえず俺は裾野を広げたいんだ、もっともっと皆にウイスキーを飲んでほしいんだ

 

って事で目をつぶって欲しい。

 

それでは行ってみよう

 

の前に

ウイスキーの種類について

 

そんなのどうだっていいぜって人は飛ばしてくれい

 

スコッチ、ジャパニーズ、バーボン、ブレンデッド 等々

あえてごちゃ混ぜにして書いたけれど

一口にウイスキーと言っても種類は色々ある。

 

なんだか良く分からないぜって人の為に軽く説明

 

ウイスキーの呼び名は

 

原料と蒸留された国で決まる(基本的に)

 

原料による分類

 

モルトウイスキー

シングルモルト 余市 700ml

大麦麦芽を原料として使用したウイスキー

単一の蒸留所で蒸留されたウイスキーをシングルモルトウイスキーって呼ぶ

 

マッサンで有名になったニッカの「余市」ってウイスキーは

 

余市蒸留所で作られたモルトウイスキーのみをボトル詰めしているから

シングルモルトウイスキー「余市」なのだ

 

 

グレーンウイスキー

サントリー ウイスキー 知多 700ml

トウモロコシなどを原料にして作られたウイスキー

細かく言うとモルトウイスキーとグレーンウイスキーは蒸留方法が異なるけどここでは割愛

 

基本的にグレーンウイスキーだけで売られる事は余りなくて

後述するブレンデッドウイスキーに使われる事が多い

 

珍しいシングルグレーンウイスキーとして

サントリーの「知多」がある

シングルグレーンって事は

知多蒸留所で作られたグレーンウイスキーのみがボトル詰めされているって事だね

 

ブレンデッドウイスキー

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 40度 箱入り 700ml

複数の蒸留所で作られたモルトウイスキーと、グレーンウイスキーをブレンドしたものがブレンデッドウイスキー

クセが無くて飲みやすく、カクテルなどにも使いやすいから消費量としては

圧倒的にブレンデッドが多い

 

舶来品、高級品の代名詞だったジョニ黒、一回くらいは聞いたことがあるのでは?

旨いんだよなーコレ

 

バーボンウイスキー

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

全体の原料の51%以上にコーンが使われている

新品の樽で、中を一回焼いた物で貯蔵されて

等など他にも細かい条件があるけどここでは割愛

 

主にアメリカで作られていて、主な原料がコーンのウイスキーだと思ってくれ。

 

シングルモルトとブレンデッドはどっちが美味しいの?

 

完全に好みなので色々飲んで好きな物を飲めば良い

 

一般的に

ブレンデッドは飲みやすく

シングルモルトは個性的な物が多い

 

と言われている

 

俺は個人的にはシングルモルトが好き

 

国による分類

 

※細かく書くとかなーり長くなるからここでは細かい定義までは書きません

 

スコッチウイスキー

スコットランドで作られたウイスキー

 

アイリッシュウイスキー

アイルランドで作られたウイスキー

原料に大麦(スコッチなどは大麦を発芽させた麦芽を使用)を混ぜて使用する場合もある

また、スコッチ等が通常2回蒸留に対して

3回蒸留する事が多く、軽い味のウイスキーが多い

 

アメリカンウイスキー

アメリカで作られたウイスキー

バーボンウイスキーはアメリカンウイスキーの一種

 

カナディアンウイスキー

カナダで作られたウイスキー

 

ジャパニーズウイスキー

日本で作られたウイスキー

 

かなり雑いけどこんな感じ。本当はもっともっと細かく定義が決まってるんだけど

ざっくりとこれだけ覚えていたらまあいいや

覚えているだけで

バーで「スコッチのバーボン下さい」

とかわけわかんない事言う心配は無くなる

コレ俺の友達が言ってしまったミスね。

 

そして顔色一つ変えず、「どの様な物が良いですか?例えば甘い、重い、軽い、等」

と質問して、好みを聞いた後に

いい感じのスコッチを出したバーのマスターはカッコよかったなぁ

 

 

話を戻すと、有名なジョニーウォーカーは

正確に種類を言うと

スコッチ・ブレンデッド・ウイスキー

もしくは

ブレンデッド・スコッチ・ウイスキー

 

余市は

ジャパニーズ・シングルモルト・ウイスキー

もしくは

シングルモルト・ジャパニーズ・ウイスキー

 

なのである。

めんどくさいけど、頭の片隅に入れていても良いかもしれない。

 

図にするとこんな感じだ!

f:id:fyp123fyp:20170212230011p:plain

 

おまけ ウイスキーの年数表示について 

例えば

山崎12年

マッカラン12年

 

この年数表示ってなんだろな?

 

これは、貯蔵年数を表しているんだぜ

蒸留して出来たニューメイク(ウイスキーの赤ちゃん)を樽で寝かせて

ようやく美味しいウイスキーになるんだけど

この年数表示は、何年間寝かせたお酒が使われているよ って事

 

因みに

年数表示は使われているお酒の中で一番若い物の表示にしなければならない

ってのが決まってる

 

例えば 極端な例を出すと

50年寝かせた、マッカラン蒸留所で作られたモルトウイスキーと

12年寝かした、マッカラン蒸留所で作られたモルトウイスキーを

ヴァッティングして製品化すると

マッカラン12年 と表示しなければならないのである。

 

だから、たまに〇〇50年 とかいうウイスキーがあるけど

あれは最低でも50年寝かせたウイスキーしか使われていないって事

そりゃ高いわ

※モルトウイスキーどうしを混ぜる事をヴァッティングと言います。基本的にシングルモルトウイスキーでも、そこの蒸留所で作られた色んなモルトウイスキーをヴァッティングして作られています

 

 

 

 生チョコレートに合うウイスキー

 

前置きでかなり使ってしまったが、ようやくオススメできるぜ!

 生チョコや、中にクリームが入っている濃厚なチョコレートに合う

ウイスキーがこちら

 

アベラワー10年

アベラワー10年 シングルモルト

アベラワー10年 シングルモルト

 

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで4050円

 

リッチでダークチェリーやチョコの様な香り、甘さを感じるお酒

ミルクがたっぷり入った生チョコをちびちび食べながら

ストレート、もしくはロックでこちらもちびちび楽しみたい

生チョコのねっとりとした甘さを、アベラワーの重い甘さがさらに引き立てる

 

飲んだ後にミネラルウォーターを飲み、スッキリとした口になったら

またチョコを食べて・・・・の無限ループに陥る可能性がある

 

旨い!

 

マッカラン12年

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 350ml

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 350ml

 

 

スコッチのシングルモルト

350mlで2894円

 

シングルモルト界のロールスロイス と呼ばれている

日本人にはピンとこないが

非常にお上品な甘さのウイスキー

 シェリー酒を詰めていた樽で貯蔵、熟成されていたウイスキーを多く使っているので

赤みがかかった綺麗な色と、シェリー由来の本当に上品な甘さ

 

ウイスキー苦手だなあって人にもちびちび飲んでほしい飲みやすいウイスキー

 

もちろん生チョコも合うし

例えばフルーツの周りにチョコがコーティングされているような

そんなチョコと合わせて飲んでも最高に美味しい

 

 

グレンドロナック12年

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3500円

 

って3500円?マジかよ、俺が買うわ!

 

俺が大好きなお酒

マッカランと同じで、熟成にシェリーの樽が使われている。

 

じゃマッカランと同じじゃね?って思うかもしれないけれども

 

こちらの方がより穀物感が強く、どっしりしている(感じがする)

 

生チョコにももちろん合うが

フェレロ ヌテラ 350g

フェレロ ヌテラ 350g

 

 このヌテラをパンに塗ったり、ダイレクトに舐めたりしながら飲むと最高

 

どっしりしたお酒に、濃厚なヌテラの甘さがもう堪らんのですよ

 

 12年物で3500円 買いです。

 

チョコレートやクッキーに合うウイスキー

 

普通のチョコレートや、チョコクッキーなどに合うウイスキーを紹介

 

 グレンギリー12年

グレンギリー 12年  700ML 1本

グレンギリー 12年  700ML 1本

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3280円

 

安い、安いぞ!

 

ウイスキーの本場、スコットランドで最古の蒸留所の一つと言われている

 

そんな事はさて置き

 

こいつは今までの奴らとはちょっと違う

 

軽い花の様な香りとはちみつの様な甘い香り

口に入れると軽く爽やかな甘さ。そして香ばしい穀物感

 

生チョコの濃厚な甘さよりも、普通のチョコレートやクッキーに合う感じ

 

こちらも12年で3000円台、買いです

 

 ロイヤルロッホナガー12年

ロイヤル・ロッホナガー 12年

ロイヤル・ロッホナガー 12年

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3750円

 

軽めだが穀物感がしっかり味わえるウイスキー

程よくシェリーの甘さも感じるので

ミルクたっぷりなチョコレートをかじりながらチビチビやるのがオススメ

 

ここまでだと普通の感じだけど

 

実はコイツ

ロイヤルの名を関している様に

 

王室御用達のウイスキーなのだ

 

設立間もないころ、ヴィクトリア女王が気に入った事から

ロイヤル の名を冠する許しを得た と言われている

 

3750円というお手頃価格で王室御用達のウイスキーを飲める機会なんて滅多に無い

チョコレートと共に王族気分を味わってくれ

 

かなりマニアックな話をすると

 

このロイヤルロッホナガーは、今では中々見る事の出来ない

シャミセン式 と呼ばれる方法でウイスキーを作っている。

※ウイスキーを仕込むタンクには、中身を混ぜる撹拌機が付いていて

その攪拌方法の一つがシャミセン式

 

日本国内でシャミセン式は無いんじゃないか?多分

また、スコットランドでも今では殆どやられていない方法

 

職人の伝統的なこだわりも味わえるかも??

 

グレンフィディック12年

 

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml

シングルモルト ウイスキー グレンフィディック12年 700ml

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3200円

 

マジかよ、超安いじゃん!

 

世界で一番売れているシングルモルトの一つ

 

軽く、洋ナシ等のフルーティな香りがする、非常に飲みやすい一品

 

最初は爽やかな口当たり、そして最後は若干クリームの様な甘さ

 

普通のチョコもいいけど

クリーミーなホワイトチョコをコイツで爽やかに流し込むのもいいかも

 

ハイボールも旨いよ

 

 ザ・グレンリベット12年

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3800円

 

全てのシングルモルトの原点にして頂点 と言っている人も居る

 

程よい甘さ、程よいフルーティーさ

非常に飲みやすく、ちょっとマンゴーの様なトロピカルな甘さもする

 

だからフルーツチョコの様な物と合わせると非常に旨い

 

ってかチョコボールイチゴ味とかでもイイよ

合わせるだけで一段上のチョコボールになる(気がする)

 

 オーヘントッシャン12年

 

スコッチのシングルモルト

700mlで3700円

 

通常、ウイスキーは2回蒸留して樽に詰めて寝かせる

 

しかしこいつは、通常よりも1回多く、3回蒸留している事でお馴染み

 

それ故に非常に軽く、飲みやすいと言われている。

あんまりウイスキーを飲まない人にもオススメ

 

香りはナッツの様なやや香ばしい香り

 

後味もナッツの様な味と、ミルク、キャラメルの様なやや濃厚な甘さもする。

 

って事で、ナッツが入っているチョコレートに合わせるのが良いかもね

 

ってかチョコボールでもいいよ

合わせるだけで(以下略)

 

 

ダルウィニー15年

ダルウィニー15年 正規品 700ml

ダルウィニー15年 正規品 700ml

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで4860円

ギリギリ5000円以内の一品

 

明るい色からわかるように、非常にスムースで飲みやすい。

 

特徴としては、こいつは非常にバニラの様な味、香りが強めである。

 

バニラ風味なので当然チョコとは合うんだけど

特におすすめなのがバナナのフレーバーや味がするチョコ

 

バナナ+チョコ+バニラ っていう非常に子供っぽい味の組み合わせを

堂々とカッコつけて堪能できる、素敵。

 

そして、15年の名前からわかるように

他の物よりもちょっぴり古いお酒、ちょっとカッコイイかも笑

 

 ブッシュミルズブラックブッシュ

ブッシュミルズ ブラックブッシュ 700ml

ブッシュミルズ ブラックブッシュ 700ml

 

 

アイリッシュウイスキー

700mlで2000円

 

ここにきて登場したアイリッシュウイスキー

 

本当はレッドブレストとか紹介したかったんだけど

高かったため除外

 

アイリッシュ伝統の大麦使用+3回蒸留したモルトウイスキーと

グレーンウイスキーをブレンド

 

シェリー樽で寝かせたウイスキーを使用しているため

アイリッシュと言いつつも、意外にリッチな味がする、美味しい

 

スコッチは好きだけどアイリッシュはちょっと苦手なんだよなぁー

って人もまずは試してみないか?安いし

 

チョコクッキーをポリポリ食べながら飲みたい、そんなお酒である。

 

 

個人的にはアイリッシュウイスキーの中ではトップクラスに好き。

 

ブルックラディ スコティッシュ・バーレイ

ブルックラディ スコティッシュ・バーレイ 700ml

ブルックラディ スコティッシュ・バーレイ 700ml

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで5000円

 

アイラモルトだけれどもノンピート

中身が見えないのが残念だけれども、明るい色合いで非常に飲みやすい

すっきりとしつつも、余韻に結構濃い穀物の風味を感じる事が出来る

 

このオシャレなビンからは想像できないけど、今でも殆ど手作業で作っているお酒

職人の熱い魂を感じながら、チョコレートクッキーをかじると良い

穀物の風味が強いウイスキーには個人的にはクッキーが合う と思う。

 

スモーキーでもチョコに合うウイスキー

 

薬っぽい、煙っぽい、正露丸っぽい、スモーキーだ

そんな感じの匂い、味がするウイスキーを紹介

 

だけど意外とチョコに合ったりするんだぜ!

 

 ボウモア12年

シングルモルト ウイスキー ボウモア 12年 700ml
 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで4160円

 

はい、ベッタベタです

 

俺はココからアイラモルトの魔力に憑りつかれてしまった。

 

そこまでスモーキーが強くなく、アイラモルトの中では飲みやすい方

 

煙っぽい味の中にかすかにチョコレートの様な甘さを感じる

甘さ控えめの薄いチョコレートをかじりながらゆったりと楽しんで

 

鼻から抜ける煙の香りが最高

 

余談だが、生ガキにコイツをかけて食べると最高に旨いらしい

個人的にはポン酢の方が好き

 

 カリラ12年

カリラ 12年 箱入り 700ml

カリラ 12年 箱入り 700ml

 

 

スコッチのシングルモルト

700mlで4966円

 

ギリギリセーフ

 

あの伝説のブレンデッドウイスキー、ジョニーウォーカーにも使われているお酒

 

個人的にはボウモアよりもさらにガツンとくる。

 

煙っぽさの中に、ややナッツの様な香ばしさが見え隠れする無骨な奴

そして余韻はビターなチョコレートか?

ガツンとくる煙っぽさにフォーカスが当てられる事が多いけど

味も本当に美味しいんだぜ!

 

コイツをストレートでぐいっといってから、ナッツ入りのチョコレートを

かじる。まさに男の中の男

 

 

ラフロイグ クオーターカスク

 

スコッチのシングルモルト

700mlで4480円

 

俺が一番大好きなお酒

 

クオーターカスクって言って、昔馬で運ぶために作った、普通よりもやや小さい樽

それ故熟成が早いと言われている

 

とにかくガツンとくるスモーキー、鼻から抜けるスモーキー

そして磯の香り

 

正直言ってチョコにはあまり合わない

この時点で今回の記事のポリシーにやや反するが

この値段でここまでガツンとくる、男の中の男の酒にはなかなか出会えない。

 

ストレートで一気に飲み干して、レザージャケットを身にまとって

馬に乗って荒野に駆けだしたくなるそんなお酒(世界観がめちゃくちゃだけど許して)

 

チョコは、そうだな。。。。。

 

ストレートでガッと飲んで、最強にビターなチョコをかじったらいいんじゃないかな?

 

カネマラ

 

アイリッシュのシングルモルト

700mlで3600円

 

今まで紹介したものと違って、アイルランドで作られている

アイリッシュの特徴である、軽い飲みやすさもありつつ

軽く感じる煙の感じが素敵

 

余韻は炒ったナッツかな?

 

ミルクチョコレートやナッツが入ってるチョコレートをかじりながら

ゆっくりと楽しんで

 

この緑で可愛らしいビンも魅力の一つ

 

お酒の紹介はココでおしまい!

 

5000円以下ルールについて

 

なぜ5000円以下にこだわったのか

それは、個人的に失敗してもギリギリなんとか立ち直れる値段かな?ってのが5000円だからである。

 

奮発して5000円以上の高いウイスキー買って、合わなかったら最悪じゃん?

それでウイスキーを嫌いになっちゃうのは非常に勿体無い

 

って事で、あくまでリスク管理の観点から5000円以下にしました。

 

自信をもってお勧めできるお酒しか載せていないけど

やっぱり人の好みってのもあるからね

 

ジャパニーズやアメリカンについて

 

今回載せたのは殆どスコッチウイスキー

 

いや、別にジャパニーズが嫌いとかじゃないよ

家にはジャパニーズウイスキーもいっぱいあるし

 

ただ、現在ジャパニーズウイスキーは人気故の品薄で

なんかAmazonだとオススメしたいお酒が軒並み5000円以上だったんだよね

※ジャパニーズのシングルモルトね

 

5000円以下のお酒を紹介するってルールは曲げられなかったので今回は泣く泣く除外

 

アメリカンウイスキーに関しては

 

ごめん、俺があんまり得意じゃないから除外・・・・

美味しくバーボンを楽しむ方法を誰か教えてくれ。

 

飲み方について

 

ロック、ストレート、水割り、ハイボール

などなど。。。。

 

ウイスキーには多彩な飲み方があるけれども、今回はあえてオススメの飲み方は書いていない。

何でかっていうと、そこは別に個人の好みだから、好きな様に飲めばいいじゃん?

って思うから

 

たまーに「〇〇の飲み方でこれを飲むなんて!」みたいな事言う人居るけど

俺はあんまり好きじゃない

嗜好品なんだからさ、自分が一番美味しいって思う飲み方で飲めばいいと思うんだよね

 

なんか、飲み方が原因で、ウイスキーってメンドクサイな とか思ったら

非常に勿体無い。

 

色んな飲み方が出来るぐらい、ウイスキーって自由なお酒なんだって俺は思う

 

だから、周りの事はあんまり気にしないで、自分好みの飲み方で飲むのが一番だと思う。

 

それじゃ皆、ウイスキーとチョコを合わせて最高のバレンタインを迎えてくれ